左官一服噺  材料○エポキシ樹脂1  (epoxy resin) 55

高粘度注入用エポキシ樹脂

高粘度注入用エポキシ樹脂:1mm以上のひび割れ注入用で 壁のアンカーピン固定および注入用です。

一般的なエポキシ樹脂は、5年や10年保存しても、変化がないとされています。ただし、寒冷な所に保存すると、結晶化して白く濁ることがあります。これを、そのまま使用すると、硬化不良を起こします。この時の解消法は、透明になるまで加熱して使用します。

硬化剤は、アミン類で、空気中の炭酸ガスと反応して炭酸塩を作るので、必ず蓋をキチンと閉めて保存します。炭酸塩になったものは、エポキシ樹脂とは、反応しません。そのため、混合しても硬化不良を起こします。そしてこれは、表面に浮いてくる性質があります。

 エポキシ樹脂は吸収性のない金属、ガラス、陶磁器、ブラスチックなどをはじめ、吸収性のあるのコンクリート、石材、木材などにもすぐれた接着性を示し、広い分野で使用できる接着剤であります。その観点からも、構造用万能接着剤といえます。しかも現場での接着に、多目的性、作業の難易、技術などを考慮しても最適の接着剤といえます。

我々が補修・改修材料として使用するレジンモルタル、レジンコンクリートは、細骨材や粗骨材がエポキシ系接着剤をバインダーとして、硬化したもので、セメント等の水系のモルタルやコンクリートに得られない利点を示し、利用価値は高いものです。

img002-1杉並の左官です。塗り替え、リフォームお待ちしています。電話03-3398-4335    http://s-kent.jp/contact/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA